マージンコールとロスカットに要注意

FXには「マージンコール」と「ロスカット」と言う仕組みがあります。

FXでは、投資家がFX会社に取引証拠金を預けることでトレード可能になります。
FX会社に担保を預けておく訳ですね。
この証拠金以上の損失を発生させないための仕組みが「マージンコール」と「ロスカット」です。

マージンコール

マージンコールは、証拠金維持率が低下することでFX会社から届く通知です。
証拠金維持率とは、FXの取引をするために必要な証拠金の割合のことです。

※証拠金維持率=証拠金残高÷必要証拠金×100

FX会社により、取引に必要な証拠金維持率は異なりますが、証拠金維持率がFX会社の設定した割合を下回るとマージンコールがメールで届くことになります。

マージンコールが発生した場合には、証拠金を追加で振り込むか、保有しているポジションを減らす必要があります。

ロスカット

ロスカットとは、強制決済のことです。
マージンコールが届いているにも関わらず、何も対応せずに証拠金維持率が更に低下した場合には、このロスカットが発動されることになります。
ちなみに、このロスカットが発動する証拠金維持率もFX会社によって異なりますので、注意が必要です。

マージンコールが届いてから、それに対応するまでに十分な時間があれば良いのですが、相場が暴落した場合等には、マージンコールに対応する間もなくロスカットが発動される可能性もありますので、これを避けるためにも損切り注文は忘れずに入れるようにしましょう。

マージンコールとロスカットは、投資家が証拠金以上の損失を被らないようにする仕組みですが、ロスカットが発動されれば、強制的にポジションが決済されるだけでなく、ロスカットに伴う手数料も負担しなければなりません。
トレードをする際には、投資資金に十分気を配っておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ