指値注文とは

現在の価格より有利な価格で売買したいときに使うのが、指値注文です。
現在の価格より安い価格で買いたい、高い価格で売りたいときに使います。

例えば、「現在の価格は80.00円だが、79.00円まで下がったら買おう」というときには、79.00円で買いの指値注文を入れておきます。
すると、狙い通り79.00円まで下がったときに自動的に約定してくれるのです。
もちろん、買いだけでなく売りの指値注文も可能です。

「79.00円まで下がったらロング(買い)ポジションを持とう」、「81.00円まで上がったら保有中のロングポジションを決済して利確しよう」といったようにエントリーにも利確にも利用できる便利な注文方法です。

指値注文は、事前に注文を入れておけば、リアルタイムで注文をしなくても注文した価格に到達することで、自動的に約定してくれますので、チャートの前に張り付いている必要がありません。
大きな利益を狙うためには、必須の注文方法ですので、指値注文を利用して有利なポイントで取引を行いましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ