逆指値注文とは

指値の逆の注文方法が逆指値注文です。
現在の価格より高い価格で買う、安い価格で売るという注文を出すことができます。
「高い価格で買う、安い価格で売るなんて何の意味があるの?」と思ってしまいますが、この逆指値注文が活躍する場面があります。それが、決済時です。

損切りや利確に利用

まずは、損切り注文をする場合。
例えば、現在1ドル80.00円のロング(買い)ポジションを持っているとしましょう。
80.00円より価格が上がり、利益が乗ればいいのですが、当然狙いとは逆に価格が下がってしまう場合があります。
この時に逆指値注文で「79.00円で売り」の注文を入れておけば、79.00円で損失を限定できることになります。
79.00円より価格が下落しても、それ以上の損失を被ることはありません。

もちろん、利確の場合にも使えます。
エントリー後、上手く利が乗ったが、その後に下落してもここまでの利益は確保したい。
そんな時に利用できます。
例えば、1ドル80.00円で買いのエントリーをした後、81.00円まで上昇した場合、80.50円で逆指値を入れておけば、その後に下落しても50銭の利益は確保できることになります。

エントリーでは、ブレイクを狙う

また、決済時だけでなくエントリー時にも利用できます。
FXは、サポートライン、レジスタンスラインを割った場合、つまりラインブレイクをすると大きく動くという特性があります。
それを見越して、逆指値注文を入れておくのです。

例えば、「80.00円がサポートラインになっている。これを割れば、更に大きく下落するはずだ」と考えたとき、80.00円より少し下の価格に売りの注文を入れておけば、ラインブレイク後の下落を逃さずチャンスをつかむことができます。

このように逆指値注文は、一見使いどころが少なそうですが、使いこなせれば非常に便利な注文方法ですので、必ず覚えておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ