IFDOCO注文(IFO注文)とは

IFD注文とOCO注文を組み合わせたものがIFDOCO注文(イフダンオーシーオー注文)です。
IFO注文(アイエフオー注文)とも呼ばれます。
IFD注文とOCO注文を組み合わせたということは、つまり、エントリーの注文から、その後の利確と損切り両方の注文が一度で可能になるということです。

例えば、現在1ドルが80.00円で79.00円まで下がった場合に買いでエントリーをし、更に、エントリー後に81.00円まで上昇した場合には利確を、78.00円まで下落した場合には損切りをしたいとします。
この場合、IFO注文のひとつ目の注文に79.00円で指値の買いの注文を入れ、ふたつ目の注文に81.00円で指値の売り注文(利確)と、78.00円で逆指値の売り注文(損切り)を入れます。
このようにIFO注文を一度出すだけで、エントリーから利確、損切りまでをカバーできたことになります。

またエントリーは、指値でも逆指値でも可能なので、どのような注文にも対応できます。

IFDOCO注文を利用すれば、事前に分析したポイントに注文を入れておくだけで、一連の取引が可能ですので、チャートから離れている時間でもトレードが可能になります。
IFDOCO注文を利用することで、取引の幅が広がりますので、上手く使いこなしましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ