損切り(ストップロス)で資金を守れ!

FXでは、「損切りストップロス)」が非常に重要になってきます。
レバレッジのおかげで大きな利益が狙えると同時に、大きな損失を被る可能性があるからです。
損切りとは、損失が出てしまった場合に、その損失を大きくする前に(損失が小さい内に)決済することです。

ポジションを持ったところ、自分の狙いとは逆の方向に値が動いてしまい、このままポジションを持ち続けているとどんどん損失が膨らみそう…このような場合は、潔く損切りをして損失を確定し、次のチャンスを待ちましょう。

よく「損小利大」と言われます。損は小さく、利益は大きくということです。
何と言っても、まずは損を小さくすることを意識しましょう。どんなに優れたトレーダーでも、負けをなくすことは不可能です。大切なのは、損切りを徹底し、資金を守ることです。損切りは「失敗」ではなく、「次のトレードへのステップ」と考えましょう。

ポジションを持つときには、必ず事前に、損切りをする目安のポイントを決めておいてください。「トレンドラインを割ったら損切り」、「サポートラインを割ったら損切り」、「前回の安値を割ったら損切り」等々、その時の状況によって損切りをするべきポイントが出てくるはずです。
ポジションを持つ度に、「このポイントになったら諦めて損切り」と決めておくことが大事です。「毎回、○○pips逆に動いたら損切りをする」というルールを決めておいてもよいでしょう。

資金をなくしてしまっては、負けたお金を取り返すこともできません。資金管理は何よりも大事です。損切りの徹底だけは、忘れないでください。これをしておかないと、あっという間に資金がなくなって退場なんてことにもなりかねません。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ