ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは、経済の基礎的条件をもとに行う分析法のことです。
分かりやすく言えば、各国の金利やGDP、物価指数、失業率等の経済指標等から相場がどう動くかを判断する分析法です。

そもそも為替レートとは、2つの通貨の交換比率です。
「1米ドル=80円」という場合には、1米ドルと80円を交換していることになります。
例えば、アメリカの経済が日本経済よりも好調で、今後もアメリカ経済は日本経済より調子が良さそうだと判断されれば、投資家の目には、米ドルの方が日本より魅力的に映るでしょう。そうすれば、投資家は円より米ドルを買うことになります。つまり、円安ドル高になるワケです。「1米ドル=80円」だったのが、「1米ドル=81円」になったりするということですね。

この「アメリカ経済は日本経済より調子が良さそう」だから「円安ドル高」になるという流れを分析するのがファンダメンタルズ分析です。「経済状況、経済指標がこうだから、為替レートはこうなる」ということを分析するということです。

ファンダメンタルズ分析の鍵になるのが、各国の金利だったりGDPだったりします。
更には、ある地域で紛争が起きているといったような地政学的リスクやFRB議長やECB総裁等の要人発言によっても為替レートは突発的に変動し、相場の流れを作る可能性がりますので、ファンダメンタルズ分析を行うには、マーケットのニュースに敏感になる必要があります。特に、世界経済の中心であるアメリカの経済指標や、最近ではヨーロッパのソブリンリスクの問題、勢いのある中国経済等、注目すべきニュースは山ほどありますので、自らのアンテナを張り巡らせておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ