レンジ相場は逆張りで攻略

トレンド相場で稼ぐには、順張りでその流れに乗ることが非常に重要になりますが、対するレンジ相場では、レンジの上下で逆張りをして稼ぎます。

レンジでの逆張り

レンジ相場での基本的なトレード法は、以下の図のようにレンジの底値付近で買いのエントリーをし、レンジ天井付近で決済(売り)、そしてレンジ天井付近で売りのエントリーをし、レンジ底値付近で決済(買い)をしていく方法です。
レンジが続いている間は、この逆張りのトレード方法で攻略できます。

レンジ攻略

損切りはマスト

しかし、レンジ相場はいつか終わります。
逆張りエントリー後にレンジが終わってしまい、狙った方向とは逆の方向に進んでしまう可能性もあります。このときに損切り注文を入れておかないと、どんどん含み損が広がっていってしまうことになります。

そこで損切りをどこのポイントで入れるかですが、レンジ上限の少し上、もしくはレンジ下限の少し下に損切りを設定しましょう。
レンジの高値、安値を超えてしまっても再度レンジに戻ってしまうこともありますので、レンジの幅を少し超えたポイントで損切りをする方が賢明です。こうすることで、レンジ相場が終わってトレンドに入った場合にも大きな損失を被らないで済みます。

レンジでは、基本的に値幅の上限と下限で逆張りを仕掛けて稼ぐことになりますが、レンジブレイクした場合の対処法が非常に重要になってきます。レンジをブレイクしたところを順張りで狙うトレード法もありますが、逆張りで攻めている場合には、レンジブレイクに対する損切りを徹底しましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ