テクニカル分析の基本中の基本、ローソク足とは

チャートには、ローソク足チャートやバーチャート、ラインチャートといった種類のものがありますが、最も一般的なチャートがローソク足チャートです。

初めてローソク足を見た方は、これらが何を表しているか分からないと思います。しかし、慣れてしまえば簡単です。ローソク足の1本1本には、多くの情報が詰まっています。

ローソク足が表している値段

ローソク足

ローソク足は、図にあるように「始値」、「終値」、「高値」、「安値」という4つの値段が分かるようになっています。
始値とは市場での取引の最初に付けられた値段のことで、終値とは市場での取引の最後に付けられた値段のことです。高値とは期間中最も高かった値段のことで、安値とは期間中最も安かった値段のことです。ちなみにこれら4つの値段のことを「四本値」と言います。

1日の値動きを1本で表したローソク足を「日足」と言い、1時間の値動きを表したものは「1時間足(60分足)」と言います。4時間では「4時間足」、15分間では「15分足」、5分間では「5分足」・・・となります。

日足であれば、1日の取引の最初の値段が始値になりますし、1日の最後の値段が終値、1日で最も高かった値段が高値で、1日で最も安かった値段が安値です。つまり、日足では1日の間の四本値が、1時間足では1時間の四本音がローソク足に表示されていることになります。

ローソク足の色で判断する陽線と陰線

ローソク足には2種類の色があります。ローソク足の色は、その期間で値動きが上昇したか下落したかを表しています。赤いローソク足を「陽線」と言い、値動きが上昇したことを示しています。対する青いローソク足は「陰線」と言い、値動きが下落したことを示しています。始値より高い値段で終われば陽線になりますし、始値より安い値段で終われば陰線となるということです。ちなみにローソク足の色は自分で設定可能ですが、ここでは、陽線は「赤」、陰線は「青」という一般的な色を使っています。

ローソク足の実体とヒゲ

ローソク足は2つの部分に分けられます。
ローソク足の四角の部分を「実体」と言い、実体の上下にある線を「ヒゲ」と言います。実体の上に伸びているヒゲは「上ヒゲ」、実体の下に伸びているヒゲは「下ヒゲ」です。上ヒゲは高値を付けた後に下落した場合にでき、下ヒゲは安値を付けた後に上昇した場合にできます。逆に、高値もしくは安値が始値、終値と同じ値段であった場合には、ヒゲがないローソク足が描かれます。

ローソク足から情報を読み取ることは、チャート分析の基本ですので、ローソク足の見方は必ず覚えておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ