ローソク足の基本形

ローソク足には様々な形があり、その形状にはメッセージが込められています。
ここでは、基本的なローソク足の形を紹介しますので、マーケットの状況を読み取るためにそれぞれのローソク足が持つ意味を覚えておきましょう。

大陽線・大陰線

大陽線・大陰線

大陽線は、実体が長くヒゲが短い陽線です。実体が長くヒゲが短い陰線は大陰線と言います。

これらのローソク足は、価格が大きく上昇もしくは下落した場合に現れます。大陽線は、相場が強気であることを示し、上昇トレンドで現れることが多い形です。対する大陰線は、相場が弱気であることを示し、下落トレンドで現れることが多い形です。

小陽線・小陰線

小陽線・小陰線

小陽線は実体とヒゲが短い陽線のことで、小陰線は実体とヒゲが短い陰線のことです。

これらのローソク足は、売買が拮抗している状況で発生しますが、小陽線は上昇トレンドの中の保ち合いで現れることが多く、小陰線は下落トレンドの中の保ち合いで現れることが多い形です。

上影陽線・下影陰線

上影陽線・上影陰線

上ヒゲが長い陽線を上影陽線と言い、上ヒゲが長い陰線を上ヒゲ陰線と言います。

これらのローソク足は、上昇した後に大きく下落したことを示しています。上昇する勢いが衰えたことを示す形状のため、上昇トレンドの終わりで現れることが多いです。長い期間上昇して、これらのローソク足が発生した場合には、上昇トレンドが終了し下落に転じることがありますので、注意が必要です。

下影陽線・下影陰線

下影陽線・下影陰線

下ヒゲが長い陽線を下影陽線と言い、下ヒゲが長い陰線を下ヒゲ陰線と言います。

これらのローソク足は、下落した後に大きく上昇したことを示しています。上影陽線・上影陰線の逆の意味を持っており、下落の勢いが衰えたことを示す形状です。下落トレンドの終わりに現れることが多く、長い下落の後の下影陽線・下影陰線は、上昇トレンドへの転換を知らせる合図となることがあります。

十字足(寄引同事線)

十字足(寄引同事線)

実体がなく、ヒゲが上下に伸びており、形状が十字になっているローソク足を十字足と言います。

十字足は、始値と終値が同じ価格であることを示しており、売買が拮抗している状況で現れる形状です。このローソク足が発生すると、トレンド転換の可能性があります。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ