ローソク足の組み合わせで分析する

ローソク足は1本だけでも意味を持ちますが、複数のローソク足の組み合わせで相場の状況を判断することも重要です。ここでは、2本のローソク足の組み合わせを紹介しますので、これらが発するメッセージを読み取り、マーケットを攻略しましょう。

かぶせ線

かぶせ線

かぶせ線とは、大陽線の後に、大陽線の高値を超えた陰線が現れ、その陰線の終値が大陽線の実体の中にある場合を言います。

大陽線の買いの勢いが衰えて、下落したことを示しています。陰線の終値が大陽線の中心付近にあれば、売りの勢力が強まっていると判断でき、相場は弱気になっていると考えられます。上昇トレンドが続いた後に、かぶせ線が発生した場合には、天井打ちの可能性があり、下落トレンド転換のサインとなることがあります。

切り込み線(切り返し線)

切り込み線

切り込み線とは切り返し線とも呼ばれ、大陰線の後に、大陰線の安値を下回る陽線が現れ、その陽線の終値が大陰線の中心を上回る位置にあることを言います。

大きく下落した後に、その勢いが衰え反発しているため、相場が強気に転換したと考えられます。下落トレンドが続いた後に、切り込み線が発生した場合には、底を打ったサインとなり、上昇トレンドへ転換する可能性があります。

つつみ線

つつみ線

つつみ線とは、1本目の陰線が2本目の陽線の中にある場合、もしくは1本目の陽線が2本目の陰線の中にある場合を言います。1本目のローソク足を2本目のローソク足が完全に包み込んでいることから、つつみ線と呼ばれます。

陰線の後に陽線が現れた場合、買いの勢力が強いことを示しており、下落トレンドが続いた後にこの形が発生すると、上昇トレンド転換の可能性があります。逆に、陽線の後に陰線が現れた場合、売りの勢力が強いことを示しており、上昇トレンドが続いた後にこの形が発生すると、下落トレンド転換の可能性があります。

はらみ線

はらみ線

はらみ線とは、大陰線の後に、その実体の中に収まる小陽線が現れた場合、もしくは大陽線の後に、その実体の中に収まる小陰線が現れた場合を言います。

前者を「陰の陽はらみ」と言い、下落トレンドが続いた後に、この形が現れると、売りが出尽くし上昇への相場転換のサインとなることがあります。後者を「陽の陰はらみ」と言い、上昇トレンドが続いた後に、この形が現れた時には、買いの勢いが衰え、下落への相場転換のサインとなることがあります。

出会い線

出会い線

出会い線とは、1本目のローソク足の終値と2本目のローソク足の終値が同じ位置にある場合を言います。

陰線の後に陽線が続く場合、上昇を示唆しており、買いのサインと判断できます。逆に陽線の後に陰線が続く場合は、下落を示唆しており、売りのサインと判断できます。

毛抜き

毛抜き底

毛抜き天井

毛抜きとは、2本のローソク足の高値もしくは安値が同じ位置にある場合を言います。

陰線の後に陽線が続き、安値が同じ位置にある場合を「毛抜き底」と言い、下落トレンドが続いた後に現れると、底打ちし上昇トレンド転換のサインの可能性があります。陽線の後に陰線が続き、高値が同じ位置にある場合を「毛抜き天井」と言い、上昇トレンドが続いた後に現れると、天井打ちし下落トレンド転換のサインの可能性があります。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ