移動平均線の使い方

最も基本的なテクニカル分析に移動平均線があります。

移動平均線とは、過去のある期間の終値の平均値を線で結んだものです。
例えば、5日移動平均線であれば、その時点での過去5日間の終値を足して5で割ることによって算出された平均値を結んでいくことでできた線になります。

移動平均線は通常、短期線、中期線、長期線の3本を同時に表示することが多いのですが、何日の移動平均線が短期で、何日が長期なのかといった決まったルールはありません。ここでは、短期の移動平均線(赤)を5日、中期の移動平均線(青)を25日、長期の移動平均線(緑)を75日として表示しています。

移動平均線からトレンドを判断する

移動平均線は、市場のトレンドを知る上で重要な役割を果たしてくれます。
移動平均線が上向きであれば上昇トレンド、下向きであれば下落トレンドと判断することができます。

移動平均線の向きとともに注目しなければならないのが移動平均線の傾きの強さ(角度)です。移動平均線の傾きはトレンドの強さを示してくれます。傾きが急な場合はトレンドが強く、傾きが緩やかな場合にはトレンドが弱いということになります。

移動平均線の並び方にも注目

また、短期線、中期線、長期線の3本の移動平均線の並び方と移動平均線とローソク足の位置関係にも注目です。

移動平均線よりローソク足が上にある場合にはマーケットは強気で買いの勢力が強いと判断できます。逆に、移動平均線よりローソク足が下にある場合にはマーケットは弱気で売りの勢力が強いと判断できます。

【図1】

移動平均線

図1を見ると、市場は上昇トレンドにあるということが判断できると思います。

そして、図の右半分では上からローソク足、短期線、中期線、長期線という順番で並んでいることが分かります。
上昇トレンドが完成されている場合には、このような順番で並ぶことになります。逆に、下落トレンドの場合には上から長期線、中期線、短期線、ローソク足となります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

移動平均線は、トレンドの向きと勢いだけでなく、売買のタイミングを判断する場合にも利用できます。

ゴールデンクロスとは、期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を下から上に突き抜けることを言います。
図2では、まず短期線が中期線を下から上に抜け、その後に短期線が長期線を、中期線が長期線を下から上に抜けています。このような現象をゴールデンクロスと言い、ゴールデンクロスの発生は買いのサインとなります。
図2でも、ゴールデンクロスが発生した後は、綺麗な上昇トレンドができあがっています。

【図2】

ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは逆に、期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を上から下に突き抜けることをデッドクロスと言い、デッドクロスの発生は売りのサインとなります。
図3のように、短期線が中期線と長期線を、中期線が長期線を上から下に抜けるような場合です。

【図3】

デッドクロス

移動平均線はもみ合いが苦手

このように移動平均線は、トレンド相場で活躍するテクニカル分析ですが、もみ合い相場では、移動平均線の本領を発揮できません。

【図4】

もみ合いの移動平均線

図4を見てみると分かるのですが、明確なトレンドが発生していないもみ合い相場では、3本の移動平均線が絡み合うようになります。
ゴールデンクロスが発生したかと思ったら、すぐにデッドクロスが発生し、全く売買のヒントとはなっていません。いわゆる「だまし」というヤツです。
このような状況では、移動平均線は信頼できるテクニカル分析とはならないので、注意が必要です。

移動平均線が絡み合うようになった時は、相場がもみ合いに入ったと判断し、ボリンジャーバンド等のレンジ相場に強いテクニカル分析を用いるようにしましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ