経済指標だけでなく要人発言にも注意

ファンダメンタルズ分析において、経済指標を分析することは欠かせませんが、もうひとつ注目しておかなければならないことがあります。

それが、要人の発言です。

世界経済を動かす要人発言は、市場を大きく動かす可能性があり、特にサプライズ的に発した言葉は非常に大きな影響力を持っています。
狙い通りに市場が動いていたのに、要人の発言ひとつでこれまでとは全く逆の値動きに変化し、損切りを食らってしまうといったことも稀ではありません。

世界経済を動かす要人といっても数多くいますが、例えば、FRB(連邦準備制度理事会)議長やECB(欧州中央銀行)総裁、日銀総裁の発言には要注意です。
このような人物達は、各国の金融政策を動かしているため、マーケットはこのような人物の発言により次の金融政策がどうなるかを判断しています。
例えば、金利を上げるか下げるか、金融緩和策を実施するのか引き締め策を実施するのか等を要人発言を通して予想しています。

政策金利や金融政策以上に要人発言がマーケットを動かすことも多くあります。
例えば、一般的に今後の金融政策を決定する理事会が開催された後に、理事会において決定された金融政策の実施が発表されますが、金融政策が発表された時点ではマーケットは大きな反応を示さず、その後の要人の発言によってマーケットが動意付くケースは非常に多く見られます。

また、議会証言や講演、会合等の大きなイベント時の発言の影響力はもちろんですが、特別なイベントがなくても市場に要人の発言が流れることで、マーケットが敏感に反応することがありますので、注意が必要です。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ