「織り込み済み」には注意が必要

経済指標発表時等によく耳にする言葉に「織り込み済み」というものがあります。

織り込み済み=価格に反映済み

「織り込み済み」とは、発表前の経済指標の結果が、マーケットに予測されており、既に為替レートに反映されているということです。
つまり、指標の発表前であるにも関わらず、市場が先回りして為替レートを動かしてしまっていることになります。

材料出尽くしに注意

市場が経済指標等の結果を織り込み済みの状況にある場合には、経済指標の発表がされた後に、その結果如何に関わらず、値動きがこれまでとは反対の動きを示すことがあります。

例えば、ユーロ圏の経済指標において、市場から良い結果が期待され結果発表前からユーロの価格がグングンと上がっていたとします。そして結果が発表され、市場の予想通りの好結果だったものの、急に価格が全く逆の動きをし、ユーロが下落するといったようなことがあります。
市場の予想に反して悪い結果であれば、このように下落することは簡単に理解できると思います。しかし、予想通りの好結果であっても下落することがあるのです。

投資の世界には「噂で買って事実で売る」という言葉があります。
英語では、「Buy the rumor, sell the fact」と言われますが、噂の時点で市場は動き出します。
噂という期待をもとに買いが入り、そして、結果が出て事実が分かった時点で、「材料出尽くし」となります。結果が分かれば、市場を動かしていた材料が意味をなさなくなり、利益確定の売りが出て価格が下落します(もちろん、逆に噂の時点で売り、事実が明らかになった時点で買いが入ることもあります)。
このように、これまで市場を動かしていた材料がなくなることを「材料出尽くし」と言います。

まとめると以下のようになります。

噂(材料)が出始める
→「買い」もしくは「売り」で市場が反応
→材料の「織り込み済み」
→事実が明らかになる
→「材料出尽くし」で当初とは逆の反応

このように、噂の段階と事実が明らかになった段階では、正反対の反応を示すことがありますので、噂の時点で既に大きなトレンドができている場合、予想通りの結果となったから更にトレンドが強くなるはずと思い込むのは危険です。
噂の時点でトレンドに乗りきれなかった場合は、結果発表後の市場の反応を見てその後の戦略を立てましょう。

更に言えば、指標発表時には荒っぽい値動きをすることも多いので、重要な経済指標、特に米雇用統計の発表時には安易にトレードをしない方が良いです。
下手に指標発表直後の値動きについて行くと、しばらくして真逆の値動きになり、大損失を出してしまう危険性がありますので、初心者の方は特に気を付けてください。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ