ボリンジャーバンドの使い方

ボリンジャーバンドは、標準偏差を用いて相場の転換点、どこで反発するかを予測しようとするテクニカル分析で、レンジ相場で逆張りトレードをする場合に有効なものとなります。

±2σのバンドに注目

ボリンジャーバンドは移動平均線を中心にバンド状に描かれるものです。
図1のように真ん中に移動平均線、その外側の上下に1σ(シグマ)とー1σの線が、その更に外側に2σとー2σの線が描かれます。

【図1】

ボリンジャーバンド

統計的に、ローソク足が1σと-1σの線の間に収まる確率は68.3%、2σとー2σの線の間に収まる確率は、95.5%となります。
つまり、ローソク足が±2σの外側に出る確率は、4.5%しかないことから、価格が2σ付近に到達すれば売りのサイン、価格が-2σ付近に到達すれば買いのサインとなります。

ボリンジャーバンドが有効なのはレンジ

ボリンジャーバンドは反発するポイントを判断するための分析法ですが、気を付けなければならないのは、ボリンジャーバンドにタッチしたら必ず反発するとは限らない、常に有効な分析ではないということです。

ボリンジャーバンドが本領を発揮するのは、レンジ相場です。
図1の左側を見てください。レンジ相場にある場合は、ボリンジャーバンドの±2σにタッチするとローソク足が反発していることが分かります。しかし、図の右側を見てみると、ローソク足が-2σにタッチしたまま下落し続けていることが分かります。つまり、トレンド相場になると、ボリンジャーバンドにタッチしたから反発というトレード法が通用しなくなってしまうのです。

ボリンジャーバンドを使いこなすには、相場がレンジなのかトレンドなのか、どのような状況にあるのかを見極めることが非常に重要になります。

ボリンジャーバンドの幅にも注目

ボリンジャーバンドを使う上で、もうひとつ注目してほしいのが、バンドの幅です。
幅が狭い時にはボラティリティー(価格の変動)が低く、相場がもみ合い状態にあり、幅が広い時にはボラティリティーが高く相場がトレンドに入っていることを示しています。

図2を見てみると、ボリンジャーバンドの幅が狭くなった後に、大きく広がりトレンドが発生していることが分かると思います。

【図2】

ボリンジャーバンドを用いたトレンドの判断

ボリンジャーバンドの幅が狭くなると、トレンド発生の前触れと判断することができます。バンドが狭くなった後に一気に広がるとトレンドが発生したと判断し、逆張りではなく、トレンドに乗った順張りのトレードを行いましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ