RSIの使い方

RSIは相対力指数とも呼ばれ、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するオシレーター系のテクニカル分析です。

相場の過熱感を判断できる

RSIより、買われ過ぎと判断できれば売りで、売られ過ぎと判断できれば買いで攻めます。いわゆる逆張りのトレードをするための分析法になります。
RSIのようなテクニカル指標を用いることで、「随分値が上がっているから、そろそろ下がりそうだな」といったような値頃感ではなく、視覚や数値で判断することができるため、エントリーやクローズの根拠とすることができます。

RSIは、一定期間の上昇幅の合計をその上昇幅の合計と下落幅の合計で割って求められ、パーセンテージで表されます。これが70%以上であれば買われ過ぎ、30%以下であれば売られ過ぎと判断します。更にシビアに判断する場合には、80%と20%を基準としても良いでしょう。

RSIの使い方は非常に簡単です。
RSIが70%を超えれば売り、30%を下回れば買いという逆張りのトレードをします。
以下の図1はRSIをチャートに描いたものです。

【図1】

RSI

図1のチャートの下にある赤い線がRSIです。そして、RSIが描かれているエリアの上側と下側に点線が引かれていますが、上の点線はRSIが70%の線、下の点線は30%の線です。RSIが70%近辺まで上昇するとローソク足は下落し、RSIが30%近辺まで下落するとローソク足は上昇していることが分かります。この70%と30%が逆張りのポイントになりますので、ここを狙ってトレードを行います。

レンジ相場は得意でも、トレンド相場は苦手

RSIを使用する上で注意しなければならないのは、RSIはトレンド相場が苦手ということです。トレンドが発生するとRSIが上部や下部に張り付いたままになってしまいます。つまり、RSIが買われ過ぎ、売られ過ぎを示していても、価格はどんどん上がり続ける、下がり続けるということになってしまうということです。

【図2】

トレンド相場でのRSIのダマシ

図2を見てください。ローソク足を見ると、相場が上昇トレンドにあることが分かると思います。このときのRSIを見てみると、買われ過ぎのゾーンに入ったまま推移しています。RSIが買われ過ぎのサインを出しているにもかかわらず、ローソク足は下落せずに上昇を続けているということです。いわゆるダマシですね。
これでは、RSIを逆張りに利用することはできません。

RSIが得意なのはあくまでもレンジ相場であり、トレンド相場にある場合はRSIが発する売買シグナルは信憑性が低いと考えてください。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ