ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスは、RSIと同じオシレーター系の代表的な指標で、売られ過ぎ、買われ過ぎを判断するためのテクニカル分析法です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスを構成するのは、「%K」、「%D」、「%SD」という曲線です。ストキャスティクスは、過去の高値と安値を用いて算出されますが、各曲線の計算式は以下のようになります。

  • %K=(直近の終値-過去X日間の最安値)÷(過去X日間の最高値-過去X日間の最安値)
  • %D=%KのY日間の平均
  • %SD=%DのZ日間の平均

一般的には、図に示したように%Kと%Dの2本の曲線が用いられますが、%Dと%SDの2本を用いることもあります。ストキャスティクスを言うと前者を指すことが多いのですが、これをファストストキャスティクスと呼ぶこともあります。対して後者をスローストキャスティクスと呼びます。図では、赤い線が%K、青い線が%Dです。

%Kで売られ過ぎ買われ過ぎを判断

ストキャスティクスの使い方は、非常に簡単です。
まずは、%Kに注目しましょう。RSIと同様に%Kが70%以上の閾値に到達すれば、買われ過ぎと判断して、売り。%Kが30%以下の閾値に到達すれば、売られ過ぎと判断して、買いとなります。スローストキャスティクスを用いる場合は、%Dで判断しましょう。
よりシビアに判断したい場合は、75%以上と25%以下としても構いません。ちなみに図では、上の点線が70%、下の点線が30%となっています。

ゴールデンクロスとデッドクロス

ストキャスティクスで、もうひとつチェックすべき点が、2本の曲線のクロスです。
ファストストキャスティクスでは、%Kが%Dを下から上に抜けるゴールデンクロスが発生したら買い、%Kが%Dを上から下に抜けるデッドクロスが発生したら売りとなります。スローストキャスティクスでは、%Dが%SDを下から上に抜けると買い、%Dが%SDを上から下に抜けると売りです。この点は、移動平均線と同様ですね。

ただし、50%より上の領域でのゴールデンクロス、50%より下の領域でのデッドクロスはあてになりませんので、70%以上の領域でのゴールデンクロス、30%以下の領域でのデッドクロスが発生するまでは手を出さない方がよいでしょう。

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスの使い分け

ファストストキャスティクスとスローストキャスティクスの違いですが、ファストストキャスティクスは、値動きに敏感に反応する反面、スローストキャスティクスに比べだましが多くなってしまいます。
対するスローストキャスティクスでは、だましが少ないというメリットがあるのですが、ファストストキャスティクスに比べると、少々相場に対する反応が鈍くなってしまいます。

市場の動きをいち早く察知したいという方は、ファストストキャスティクスを用いると良いでしょうし、可能な限りだましを減らして無難にトレードしたいという方は、スローストキャスティクスを選ぶと良いでしょう。

トレンド相場では役に立たない

逆張りに有効なストキャスティクスですが、トレンド相場は苦手です。トレンド相場においては、RSIと同様に曲線が70%以上の領域や30%以下の領域に張り付いたままとなりますので、このような場面で逆張りをしても、すぐに損切りにかかってしまうか、含み損が膨らんでいくだけです。
ストキャスティクスを用いた逆張りが有効なのは、あくまでもレンジ相場だと覚えておいてください。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ