フィボナッチリトレースメントの使い方

トレンドに乗る順張りでは、相場の押し目や戻りを狙うことが重要になりますが、その押し目や戻りとなる転換点を分析するのに便利なテクニカルが「フィボナッチリトレースメント」です。

フィボナッチ数列と黄金比

フィボナッチリトレースメントとは、13世紀にイタリアの数学者レオナルド・フィボナッチが考えたフィボナッチ数列を用いたテクニカル分析法です。フィボナッチ数列の詳しい説明は省きますが、フィボナッチ数列は自然界の現象に多く見られ、花びらの枚数等にも表れています。

このフィボナッチ数列の特徴のひとつに「黄金比」に近くなるというものがあります。黄金比とは、1:1.618の比率のことで、人間が最も美しく感じる比率とされています。実際にピラミッドやパルテノン神殿といった歴史的建造物、身近なところでは、名刺の縦と横の比率にも用いられています。

これを投資の世界で利用したものが、フィボナッチリトレースメントです。
投資の世界に通用するのか疑問だという方もいらっしゃるかと思いますが、現実に多くの投資家がフィボナッチを使って相場を分析しています。多くの人が同じようなポイントで注文を入れれば、そのポイントはトレードの転換点となります。なんでもないようなポイントでも実際に機能するようになるということです。

フィボナッチの使い方は、安値と高値を結ぶだけ

フィボナッチリトレースメントの使い方は簡単、チャート上の高値と安値を結ぶだけです。

トレンドが発生し、ある程度ひとつの方向に動いた後には、必ずショートカバーが発生します。上昇トレンドの場合には押し目が発生し、下落トレンドの場合には戻りが発生します。順張りにおいては、これらがエントリーの大きなポイントとなりますが、この転換点をフィボナッチリトレースメントを用いて分析します。

フィボナッチリトレースメントを使うと、チャート上に38.2%、50%、61.8%等のラインが引かれますが、このポイントが押し目や戻りといった相場の転換点の目安となります。
FX業者のチャートによっては、23.6%や76.4%のラインが引かれるものもありますが、一般的には、38.2%、50%、61.8%の3つを転換点の目安として考えれば良いでしょう。

相場が上昇している最中では、価格が天井から38.2%下落したところが最初の押し目の目安となり、50%下落したところが2つ目の目安、61.8%下落したところが3つ目の目安となります。相場が下落しているケースでは、底から38.2%、50%、61.8%上昇したところが戻りの目安となりますので、このポイントを狙ってエントリーをしましょう。

フィボナッチ

上の図は、下落後の戻りをフィボナッチリトレースメントを用いて分析したものです。高値であるAと安値であるB、この2つの点をフィボナッチリトレースメントで結んでいます。Bで一旦、底を形成した後、ショートカバーが入り上昇していますが、50%のラインまで戻ったCで反転下落していることが分かると思います。このケースでは、高値を安値の50%が転換点となったということになります。

フィボナッチリトレースメントは、神秘的過ぎてイマイチ信用できないと思われるかもしれませんが、ちゃんと機能するテクニカル分析法ですので、相場の転換点を探る際にはぜひ使ってみてください。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ