相場の天井や底を示唆するダイバージェンスとは

相場の天井や底を分析する際に用いられる判断基準に「ダイバージェンス」があります。

ダイバージェンスは、ローソク足とテクニカル指標の逆行現象

ダイバージェンスとは、RSIやストキャスティクス、MACDといったオシレーター系のテクニカル指標において見られるもので、日本語では「逆行現象」などと訳されます。
具体的にどのようなものかと言うと、実際の値動きとなるローソク足が直近の高値を更新しているのに、オシレーター系のテクニカル指標では高値を更新していないこと、もしくはローソク足が安値を更新しているのに、オシレーター系テクニカル指標が安値を更新していないことを言います。
要は、ローソク足とオシレーター系テクニカル指標が逆の動きを見せることをダイバージェンスと呼ぶということです。

ダイバージェンスは、ポジションクローズの目安

ダイバージェンスが発生すると、相場の天井や底を形成した可能性があるため、利食いの目安となります。

RSIのダイバージェンス

上の図は、RSIをローソク足チャートに描いたものです。
このチャートでは、上昇トレンドが続き、ローソク足Bで直近高値のAを更新しています。しかし、RSIを見てみるとローソク足Bと同じポイントであるRSIのB´は、ローソク足の直近高値Aと同じポイントであるRSIのA´を上回っていません。ローソク足とRSIが逆の動きをして、ダイバージェンスが発生しているのが分かると思います。
そして、ダイバージェンスが発生した後、相場は下落しています。つまり、この図ではBで上昇トレンドの天井を形成したことになります。

このように、ダイバージェンスの発生は、相場の底や天井の形成を示唆するものとなりますので、図のケースでは、BとB´でダイバージェンスが発生した時点で、保有していたロングポジションをクローズし利食いするべきとなります。

ダイバージェンスをエントリーに使ってはいけない

しかし、ダイバージェンスが発生したからといって、逆張りでポジションを持つのは危険です。ダイバージェンスが発生しても、必ず天井や底を形成し相場が転換するとは限らないからです。テクニカル指標にはだましが付き物ですが、ダイバージェンスについても同様のことが言えます。
「ダイバージェンスの発生=相場転換」ではなく、「ダイバージェンスの発生=相場転換の可能性」です。

ダイバージェンスはあくまでも、ポジションをクローズするサインであり、逆張りでエントリーするサインではないと考えましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ