グランビルの法則とは

移動平均線とローソク足を用いた分析法に「グランビルの法則」というものがあります。

グランビルの法則は、アメリカ・ウォール街の株式アナリストであるジョセフ・グランビルによって考案されたもので、世界中の投資家から利用されています。グランビルの法則では、4つの買いシグナルと4つの売りシグナルが存在しますが、移動平均線をローソク足チャートに表示させるだけで簡単に分析できますので、ぜひ8つの売買シグナルを頭に入れておきましょう。

グランビルの法則

上の図の実線はローソク足、つまり値動きを表しており、点線は移動平均線を表しています。赤い丸で囲まれた「A」、「B」、「C」、「D」は、グランビルの法則の買いのポイントを示しています。対して青い丸で囲まれた「A´」、「B´」、「C´」、「D´」は、売りのポイントを示しています。

買いシグナル

買いシグナルA

下落した移動平均線が、横ばいになる、もしくは上昇しつつある状況で、ローソク足が移動平均線を下から上にクロスしたら、買い。

買いシグナルB

移動平均線が上昇している状況で、ローソク足が移動平均線を上から下にクロスしたら、買い(押し目買い)。

買いシグナルC

ローソク足が上昇する移動平均線の上にある状況で、ローソク足が移動平均線に向け下落するも、クロスせずに再度上昇したら、買い(押し目買い)。

買いシグナルD

移動平均線が下落している状況で、ローソク足が移動平均線を下回って下落し、移動平均線から大きく乖離したら、買い。

売りシグナル

売りシグナルA´

上昇した移動平均線が、横ばいになる、もしくは下落しつつある状況で、ローソク足が移動平均線を上から下にクロスしたら、売り。

売りシグナルB´

移動平均線が下落している状況で、ローソク足が移動平均線を下から上にクロスしたら、売り(戻り売り)。

売りシグナルC´

ローソク足が下落する移動平均線の下にある状況で、ローソク足が移動平均線に向け上昇するも、クロスせずに再度下落したら、売り(戻り売り)。

売りシグナルD´

移動平均線が上昇している状況で、ローソク足が移動平均線を上回って上昇し、移動平均線から大きく乖離したら、売り。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ