MetaTraderの導入方法

メタトレーダーを利用するには、まずメタトレーダーを自分のパソコンにダウンロードし、インストールしなければなりません。

しかし、インストールしただけでは、メタトレーダーを利用することはできません。
メタトレーダーを利用するためのチャート情報を得るには、インストール後にデモ口座の申請を行う必要があります。デモ口座の申請をすれば、それだけでOKです。取引の必要はありませんので、ご心配なく。

ちなみに、メタトレーダーを通して実際の売買を行う場合には、メタトレーダーを利用した取引が可能なFX会社の口座を開設し、そのFX会社を通して専用のメタトレーダーをダウンロード、インストールしなければなりません。

このページでは、デモ口座を利用したメタトレーダーの導入方法を解説しますので、参考にしてみてください。簡単に導入できますよ。

メタトレーダー4の導入手順

メタトレーダー4を導入する手順は以下のようになります。

  1. ファイルのダウンロード
  2. プログラムのインストール
  3. デモ口座の申請

ファイルをダウンロードする

メタトレーダーのインストール用ファイルをダウンロードするため、メタトレーダーの開発を行っている MetaQuotes社のサイト(http://www.metatrader4.com/)にアクセスします。

MT4ダウンロードサイト

画面の「Free Download」ボタンをクリックすると、インストールファイルがダウンロードされますので、とりあえず分かりやすいデスクトップ等に保存してください。

プログラムをインストールする

次に、保存したインストーラーを実行します。

インストールの事前確認

MT4セットアップ

インストーラーを開くと、上のようなインストール前の確認画面が表示されますので、そのまま「次へ」をクリックしてください。

ライセンス条項の確認

MT4ライセンス確認

ライセンス条項の確認画面が表示されますので、チェックボックスにチェックを入れて、「次へ」をクリックしてください。

インストールの実行

MT4インストール場所確認

インストール先の選択とインストール実行画面が表示されますので、インストール先を設定して、「次へ」をクリックしてください。問題なければ、そのまま「次へ」で結構です。インストールが実行されます。

インストールの完了

MT4インストール完了

インストール完了画面が表示されます。これで、メタトレーダー4のインストールが終わりました。

デモ口座を申請する

インストールが終わったら、最後にデモ口座の申請を行います。
デモ口座の申請をしなければ、チャート情報を得ることができませんので、これは必ず必要な作業です。

個人情報の入力

MT4デモ口座申請個人情報入力

インストールされたメタトレーダーを起動すると、上のような「デモ口座の申請」画面が表示されます。
各項目に英語(ローマ字)で入力して、チェックボックスにチェックを入れ、「次へ」をクリックします。

サーバーの選択

MT4デモ口座サーバー設定

取引用サーバーの選択画面が表示されます。
表示されているサーバーは、それぞれ違いがあるかと思いますが、まず画面右下の「Scan」をクリックしてください。サーバーから応答があれば問題ありません。「次へ」をクリックしましょう。
稀にサーバーがつながらず、応答がない場合がありますが、このような場合にはサーバーを変更してみましょう。

デモ口座登録の完了

MT4デモ口座申請完了

上の画面が表れ、「ログインID」、「パスワード」、「Investor」が表示されれば、デモ口座の登録は完了です。これらをメモして、「完了」をクリックしてください。

メタトレーダー4の導入完了

MT4導入完了

以上で、メタトレーダー4の導入作業はすべて終了しました。
これで、メタトレーダーを利用する環境が整いましたので、ドンドン使っていきましょう。

メタトレーダーでトレードをするならFOREX.com

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ