MetaTraderにインジケーターを表示させる方法

メタトレーダーでは、様々なインジケーターをチャート上に表示させることができます。メタトレーダーで言うインジケーターとは、テクニカル指標のことです。

メタトレーダー4では、インストールした時点で既にいくつかのインジケーターを利用できるようになっていますが、それ以外にも、ネット上には世界中のMT4投資家が作成したインジケーターが公開されています。
これらのインジケーターをダウンロードすることで、非常に多くのインジケーターを自分のメタトレーダーのチャート上に表示させることが可能になります。

ここでは、インジケーターを表示する方法を解説しますので、参考にしてください。
ネット上のインジケーターを導入する方法については、「インターネット上のインジケーターを表示させる方法」をご覧ください。

インジケーターを表示させる方法

インジケーターの表示は、メタトレーダーの画面左にあるナビゲーターウィンドウの「Custom Indicators」より行います。下の図の赤い四角で囲まれた部分です

MT4インジケーター表示①

「Custom Indicators」をダブルクリックすると、下の図のように利用できるインジケーターの一覧が表示されます。

MT4インジケーター表示②

インジケーターの一覧より、表示させたいものをチャート上にドラッグ&ドロップしてください。すると、パラメーターの設定画面が現れます。自分好みの設定にしたい場合は、ここで任意の数値を入力してください。パラメーター設定画面の「OK」をクリックすると、チャート上にインジケーターが表示されているはずです。

MT4インジケーター表示③

上の図では、上のチャートにRSIが表示されていますね。
たったこれだけで、メタトレーダーのチャート上にテクニカル指標を表示させることができます。同じ作業を繰り返せば、複数のインジケーターを同時に表示させることも可能ですので、自分好みにカスタマイズしてみましょう。

メタトレーダーでトレードをするならFOREX.com

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ