隠れたコスト、スリッページに要注意

FXでは、注文を出した価格と違う価格で約定してしまうことがあります。
これがスリッページです。ちなみにスリッページが発生することを「スベる」と表現したりもします。

米ドル・円のレートが80.00円の時点で、買いの成行注文をしたところ、80.01円で約定されてしまった。このような状況は、スリッページが発生していることになります。

スリッページは、投資家が出した注文がFX業者にて処理されるまでに時間差があるために発生するものと言われています。

いくらスプレッドが低くても、スリッページが発生してしまうと投資家が負担するコストは大きくなってしまいます。
スリッページが起こる危険性というのは、FX業者によって異なり、スリッページが起こりやすいFX業者もあれば、スリッページが起こりにくいFX業者もあります。

口座開設の際には、約定力に注目

初心者の方は特に、口座開設をするFX業者を選ぶ際に、スプレッドばかりに目を向けがちなのですが、スプレッドが小さくてもスリッページが発生しやすく、実質的なコストが高くついてしまうということもありますので、FX業者を選ぶ際にはスリッページにも注目する必要があります。

ちなみに、スリッページが多いか少ないかは、約定力で表現されることもあります。
約定力が高い=スリッページが少ない、約定力が低い=スリッページが多いということです。
スリッページがイヤだという方は、スリッページが少ないこと、もしくは約定力が高いことを売りにしているFX業者を選ぶようにしましょう。

スリッページが多く発生するということは、その分多くのコストを支払う危険性があるのですが、それだけでなく、トレードにおけるストレスの原因となります。
スイングトレードのような長期投資ではそれほど気になりませんが、デイトレードやスキャルピングといった短期的な取引の場合は、自分の注文通りに約定されないと、その度にイライラしてしまいますので、短期的な取引をメインに行おうと考えている方は、より約定力が高いこと、スリッページが少ないことを重視した方がよいかもしれません。
メンタルが整っていないと、良いトレードはできませんから。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ