テクニカル分析の「だまし」と対策

テクニカル分析には「だまし」が付き物です。
だましとは、テクニカル分析において、チャートが示したシグナル通りに相場が動かないことを言います。

例えば、移動平均線が上昇のサインであるゴールデンクロスをしたのに、サイン通りに動かず下落してしまった場合などがだましにあたります。

万能なテクニカル指標なんてない

投資家を悩ませるだましですが、だましをなくす方法はありません。どのようなテクニカル指標を使っていても、必ず発生してしまうのがだましです。つまり、どのような状況にも通用する万能なテクニカル指標はないということです。

RSIやストキャスティクスといったオシレーター系のテクニカル指標は、レンジ相場では力を発揮しますが、トレンド相場は苦手です。トレンド相場においては、だましが多く、あてにならないということになります。ボリンジャーバンドも同様です。

テクニカル指標には、得意な状況、苦手な状況がありますので、マーケットの状況にそぐわないテクニカル分析を行ってしまうと、だましばかりで全く勝てないということにもなりかねません。

だましを避けるために

だましをなくすことはできませんが、だましを避けることはできます。テクニカル分析では、チャートが発するだましに乗らず、行動することが重要です。

だましをできるだけ避けるためには、複数のテクニカル指標をチャート上に表示させ、同時に使うことが必要になります。ひとつのテクニカル指標だけを用いて売買のタイミングを判断することは、はっきり言って危険です。

例えば、RSIが買いのサインを出していても、他のテクニカル指標では同様のサインが出ていないかもしれません。仮にRSIだけをチャートに表示させて、他のテクニカル分析を全く行っていなければ、このことには気付きませんよね。
しかし、RSIと移動平均線を同時に使っていれば、RSIの発するサインがだましだと気付くかもしれません。RSIが買いのサインを出したとき、移動平均線を確認してみると、移動平均線はトレンドの真っただ中を示している。このようなケースでは、安易にRSIのだましに乗って行動してしまうことはないでしょう。

もちろん、多くのテクニカル指標をチャート上に表示させればいいということではありませんが、自分が信頼を置けるテクニカル指標を組み合わせて使うことは、だましを避ける上では非常に有効で重要なことです。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ