バーチャルトレードのメリットとデメリット

FX会社の中には、バーチャルトレードができるデモ口座を用意しているところがあります。

バーチャルトレードは、バーチャルのお金を使って、FXを体験できるシステムです。バーチャルの世界ですので、当然、勝っても実際のお金は手に入りませんし、負けても損をすることはありません。

FXをただのゲームと捉えている方にとっては、自分のお金を使わずに済むのですから、これ程良いシステムはないでしょう。更に、FXでお金を稼ぎたい、自分の資産を運用したいという方にとってもバーチャルトレードは一定の意義があります。

バーチャルトレードのメリット

バーチャルトレードのメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  • FXの仕組みを知ることができる
  • FX会社のトレードシステムを体験できる
  • 分析手法のシミュレーションができる

FXの仕組みを知ることができる

バーチャルトレードのメリットは、何と言ってもFXの仕組みを知ることができる、体験できる点です。

FXに興味がある未経験者の方の中には、自分のお金を使って投資をすることに抵抗がある方も多いと思います。投資をして自分のお金が減ることもあるのですから、不安なのは当然のことです。

為替の取引をしたことがないFX未経験者の方にとっては、自分のお金を使わずにバーチャルの世界で、FXのトレードを体験できるというのは、非常に大きなメリットです。

FX会社のトレードシステムを体験できる

トレードシステムは、FX会社によって異なります。
FX会社固有の便利なシステムも多く、また、実際に使ってみるとイメージと違ったなどということもあり得ます。

トレードシステムが複雑で、絶好のチャンスを逃してしまうといったことも考えられますので、自分にとって使いやすいシステムでトレードしたいものです。

初めての口座を開設しようとする場合や、新たに口座を開設しようとする場合には、操作方法を理解するためにもデモ口座で体験しておくと良いかもしれません。

分析手法のシミュレーションができる

テクニカル分析のシミュレーションができるという点も、バーチャルトレードのメリットと言えます。

テクニカル分析手法の有効性を試してみたいが、実際のお金を使うのは怖いという場合には、デモ口座を使うのが良いかもしれません。

ただ、シミュレーションやバックテストが目的というのであれば、特定のFX会社のデモ口座を利用するよりも、MetaTraderを利用するのが良いと思います。

バーチャルトレードのデメリット

バーチャルトレードは、FX未経験者にとっては、非常に有意義なシステムであることに間違いありません。しかし、バーチャルトレードでは培えないこともあります。

それが、精神力です。

FXのみならず投資全般に言えることですが、投資家のトレード中のメンタルは、投資成績に大きく影響します。欲や恐怖が襲ってきて、思い通りのトレードができないこともあります。
実際のお金でトレードをしていると、トレード中の判断ひとつひとつが成績に響いてきます。その判断の結果で、利益を得られるか損失を被るかが決まるのですから、リアルトレードでの精神的なストレスは、バーチャルトレードとは比べ物になりません。

メンタルの強さは、トレードの経験の積み重ねによって培われていきます。バーチャルトレードばかりしていても、もっと言えば、チャートを眺めて分析ばかりしているだけでは、メンタルは強くならないし、FXも上手くなりません。

10,000通貨単位でのトレードが怖いのであれば、少ない通貨単位でトレードをしましょう。FXブロードネットのように1,000通貨単位でトレードできるFX会社もありますし、マネーパートナーズでは100通貨単位で、SBI FXTRADEでは1通貨単位で取引ができます。

要は、少なくてもいいから身銭を切ってトレードをしろということです。

上手くなりたいならリアルトレードをする

バーチャルトレードは、FX未経験者にとっては非常に便利ですが、経験を積むために利用するというのは、おすすめできません。

デモ口座でのトレードでも、テクニカル分析手法の有用性を証明することはできるかもしれませんが、バーチャルのお金を扱っていては、トレードの成功体験も味わえませんし、成長に必要な失敗も経験できません。いつまでたっても精神力は鍛えられないのです。

バーチャルトレードはあくまでもゲーム。利用するのは初めの一歩だけにして、本当に上手くなりたければ、早く本口座でのトレードを始めましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ