トレードが上達するトレードノートの書き方

トレードをする際には、必ずトレードノートを付けるようにしましょう。
トレードの記録を付けておけば、自分のトレードを客観的にとらえる良い材料になりますし、自分の得意なパターンの発見や同じようなミスの予防につながります。

トレードノートの書き方

トレードノートは、紙に書いてもワードやエクセル等で作成しても構いませんが、トレードの記録を事細かに記すようにしてください。細かく記すことでいろいろなことが見えてくるはずです。トレードノートに記す内容ですが、以下のような項目を残すようにしましょう。

  • トレード時のチャート
  • トレード時のファンダメンタルズ的要素
  • エントリーや決済したポイント
  • エントリー、決済の根拠
  • トレード時の精神状況
  • トレードの良かった点と悪かった点

トレード時のチャート

トレードを行った時のチャートは必ず記録しておきましょう。

トレードに使用しているチャートシステムをキャプチャすれば簡単にデータとして残せますので、それほど手間ではないはずです。自分がトレード時に見ていた時間足に加え、他の時間足を含めた複数の時間足を記録しておくと、なお良いと思います。

トレード時のファンダメンタルズ的要素

トレード時のファンダメンタルズにおけるトピックス等をメモしておくことも大事です。

経済指標がマーケットを動かす要因になることもあれば、FRBや日銀の金融緩和政策がマーケットの大きな流れを作ることもあります。どのようなファンダメンタルズ的要因でマーケットが動いていたのか等を記しておきましょう。

エントリーや決済したポイント

どのポイントでエントリーしたのか、利確あるいは損切りをしたのかを記すことも当然必要です。

値がいくらの時にエントリーもしくは決済をし、その時のテクニカル指標がどのような動きを見せているかが分かるようにしてください。

エントリー、決済の根拠

エントリーをした理由、決済をした理由をノートに残しておくことは非常に重要です。

例えば、レンジ下限でボリンジャーバンドがー2σに接したからロングでエントリーしたといったように、根拠となったテクニカル指標と、それがどのような動きをしていたのかを記述しましょう。

トレードの根拠をノートに残すことを心がけておけば、根拠のないエントリーも減ってきますので、トレード自体にも良い影響を与えることになります。

トレード時の精神状況

トレード時の精神状況を記すことで、メンタルの強化につながります。

自信満々でトレードすることもあれば、焦ってポジションを持つことも、損をするのが怖くて薄利で決済することもあるでしょう。自信があったトレードが失敗することも、自身がなかったトレードが成功することもあります。

自信がなかったトレードでも利益が得られれば、成功体験として自分の頭に残り、今後同じようなパターンが見られた時に自信を持ってトレードすることができます。

トレードの良かった点と悪かった点

トレードを終えた後には、必ずそのトレードを振り返りましょう。

反省すべき点はもちろんですが、収穫となったうまくできたと思う点も同時に記すことにしてください。

ネガティブな点ばかりノートに残しておくと、自分はトレードに向いていないんじゃないかと考えたりして、自ら劣等感を植え付けるようになってしまいます。そうなってしまうとトレードが楽しめなくなったり、自信を持ってトレードをすることができなくなってしまいますので、必ず自分の成長を感じられるようなポジティブな点をノートに残しておきましょう。

トレードノートは財産となる

トレードノートを残すことで、自分の経験を最大限に自分にフィードバックさせることになります。成功も失敗も自分の血となり肉となるはずですので、貴重な経験を無駄にしないためにもしっかりとトレードノートを記すようにしましょう。

このような目に見えない努力の差が、FXで成功している人とそうでない人という大きな差を作っていきます。面倒くさがらずに取り組めば、必ず成長につながるはずです。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ