くりっく365のメリット・デメリット

くりっく365とは、東京金融取引所が運営しているFXのことです。

FXは店頭取引と取引所取引に分けられますが、FX会社を通して行われるものは一般的に店頭取引に分類され、くりっく365は取引所取引に分類されます。

店頭取引と取引所取引

店頭取引と取引所取引には、以下のような違いがあります。

店頭取引とは

店頭取引は、FX会社と投資家が行う取引で、取引所を通さずに行われます。つまり、FX会社と投資家との相対取引ということです。取引レートはFX会社によって提示され、投資家はFX会社が提示したレートで取引を行います。

取引所取引とは

取引所取引は店頭取引とは異なり、投資家は取引所で為替取引を行うことになります。FX会社のくりっく365口座で投資家がした注文は、取引所に取り次がれ、そこで取引が行われます。

くりっく365で提示される為替レートは、複数の金融機関が提示したレートの中から選ばれたもので、投資家にとって最も有利となるレートが提示されるようになっています。

くりっく365の特徴

くりっく365は店頭取引と異なる以下のような特徴を持っています。

スワップポイントが売り買い同額

くりっく365では、売りと買いのスワップポイントが同額(一本値)となっています。

店頭取引では、売りのスワップと買いのスワップは異なることが多く、通常、投資家が支払うスワップの方が大きく設定されています。つまり、店頭取引では、投資家に不利になっていることが多いのですが、くりっく365では、売りと買いのスワップが同額に設定されていますので、店頭取引より有利となるケースが多いということになります。

証拠金は取引所で保全される

くりっく365では、取引証拠金が運営元である東京金融取引所で保全されます。

そのため、投資家がくりっく365口座を開設しているFX会社が破綻しても、投資家が保有していたポジションは他のFX会社に移管することが可能となります。もちろん、証拠金に影響はありません。

一方、店頭取引において、トレードに使っているFX会社が潰れた場合には、証拠金はくりっく365と同様に守られますが、ポジションは強制決済となります。

このように、くりっく365では、FX会社が破綻した際の影響は非常に少なくて済みます。

売買手数料がかかる

店頭取引のFXでは、売買手数料がかからないのが当たり前です。しかし、一般的にくりっく365では、スプレッドの他に売買手数料を負担しなければなりません。

手数料の金額は、FX会社によって異なり、売買手数料無料のFX会社も存在しますが、概ね150円~200円程度といったところでしょうか。

税制における優位性は2012年1月1日からなくなった

くりっく365を取り上げているサイト等を見ていると、未だに店頭取引よりくりっく365の方が税金面で優れていると表記されていることがありますが、現在はそのようなことはありません。

税制改正により、2012年1月1日から店頭取引も取引所取引も税制における違いは全くなくなりました。

これまでは、取引所取引のみが申告分離課税方式となっており、一律20%の税率となっていたり、3年間の損失繰越控除ができていました。そのため、くりっく365の方が節税につながるとされていましたが、現在では、店頭取引も同じ税制となっていることから、税制面でのくりっく365のメリットはなくなったということになります。

公正さ、安心をとるか、コストをとるか

くりっく365には、公正で安心、安全というメリットがあります。しかし、取引コストに目をやると、店頭取引に分があり、手数料がかかるという点はくりっく365の大きなデメリットです。

店頭取引も取引所取引も一長一短で、公正さを求めるのであれば、くりっく365でトレードを行った方が良いでしょうし、低コストを求めるのであれば、通常の店頭取引を行った方が良いでしょう。くりっく365の口座を開設する際には、その特徴をしっかり理解した上で行うようにしましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ