マネーマネジメントの基本は2%ルール

投資では、マネーマネジメントが非常に重要です。

マネーマネジメントとは、資金管理のこと。お金を得るために投資をやっているのに、投資をしたがためにお金がなくなってしまったなんてことには、誰もなりたくないはずです。投資資金がなくなってしまうほどに負けてしまえば、その負けを挽回することもできません。

何の計画もなしに、自らの資産を次から次に投資につぎ込んでしまうと、マーケットに振り回されて、あっという間に退場になってしまうかもしれません。レバレッジを効かせて、少ない資金で大きなお金を動かすFXなら、尚更です。

トレードを行う際には、必ず自らの資金を把握した上で、リスクをどれくらいに抑えるべきかを頭に入れておかなければなりません。

2%ルール

マネーマネジメントの方法として一般的なのが、2%ルールです。2%ルールとは、1回のトレードにおける損失額を資金の2%に抑えるというもの。

FX初心者の中には、10万円の投資資金でFXを始めるという方も多いと思いますが、この場合には、1回当たりの損失額を2,000円に抑えなければならないということになります。2,000円ということは、クロス円通貨を1万通貨でトレードしていれば20pips、1,000通貨でトレードしていれば200pipsです。

「そんなに慎重にトレードをしなければいけないの!?」と思われるかもしれませんが、損失を出さずにマーケットを攻略するなんて、まず無理です。初心者の方であれば、慣れるまでに負けを繰り返して、損失を膨らませてしまう危険性もあります。ここは忠実にルールを守りましょう。

2%ルールに則れば、10万円の投資資金で1万通貨のトレードをするのは、かなりのリスクだということが分かると思います。十分な資金を準備できないという方は、まずは1,000通貨単位のトレードができるFX会社でトレードを始めることをおすすめします。

退場してからでは遅い

初心者ほど無謀なトレードをしがちです。痛い目に会ってはじめてマネーマネジメントの大切さを痛感することも多いのですが、そうならないためにも、資金に余裕を持ったトレードを心がけてください。

トレードに慣れてくれば、自分の資金と相談しながら、自分なりのルールを作っても良いと思いますが、初心者の内はとりあえず2%ルールを徹底しましょう。

大負けをしてマーケットに戻れないほどの損失を出してしまえば終わりです。退場してから悔やんでも遅い。もう手遅れなんてことにならないように、過度なリスクは背負わないようにしましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ