代表的なチャートパターン

テクニカル分析を行うために用いるチャートには、ある程度似たような形が現れることがあり、これをチャートパターンと呼びます。

ここでは、トレードに使える代表的なチャートパターンをご紹介します。
代表的なチャートパターンを覚えておくと、値動きを予測する際に非常に有効ですので、しっかり頭に入れてトレードに活かしてください。

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップ

ブルトップ

ダブルトップは高値を2回つけた後に下落するチャートパターンです。

2つの山の間にできる谷(ネックライン)を下回ると、反転下落のシグナルとなりますので、ここが売りのポイントとなります。

ダブルボトム

ダブルボトム

ダブルボトムはダブルトップとは逆の形で、安値を2回つけた後に上昇するチャートパターンです。

ネックラインを超えると、反転上昇のシグナルとなりますので、このポイントで買いを入れるのが定石です。

トリプルトップとトリプルボトム

トリプルトップ

トリプルトップ

トリプルトップは高値を3回付けた後に下落するチャートパターンで、ダブルトップとよく似た形です。

ダブルトップ同様に、ネックライン割れで反転下落のシグナルとなります。

トリプルボトム

トリプルボトム

トリプルボトムはトリプルトップとは逆の形で、安値を3回つけた後に上昇するチャートパターンのことです。

こちらはダブルボトムと同じようにネックラインを超えることで、反転上昇のシグナルとなります。

ソーサートップとソーサーボトム

ソーサートップ

ソーサートップ

ソーサートップは上昇後に高値圏でもみ合って下落するチャートパターンです。高値圏で上げ止まり、その後に一気に下落するような値動きを見せます。

ソーサーとはカップの下の受け皿のことで、それを逆さまにしたような形に見えますので、ソーサートップと呼ばれます。

ソーサーボトム

ソーサーボトム

ソーサーボトムは下落後に安値圏でもみ合って上昇するチャートパターンです。ソーサートップとは逆で、安値圏で下げ止まった後に大きく反転上昇します。

受け皿の底という名前そのままの形ですので、非常に覚えやすいと思います。

ペナント

ペナント

ペナントは時間が経つにつれて徐々に値動きが小さくなり、横向きの三角形を作るような値動きを見せます。三角形の頂点付近でラインブレイクし、上昇もしくは下落するチャートパターンです。

レンジが徐々に狭くなり、ラインブレイクすると勢いよく一方向に動くことが多いので、ラインを抜けたところを順張りでついて行くのがセオリーです。

ちなみに、ペナントとは三角旗のことで、観光地の土産物屋で売っているペナントやプロ野球のペナントレースのペナントと同じ意味です。

フラッグ

フラッグ

フラッグはサポートラインとなる下側のトレンドラインとレジスタンスラインとなる上側のトレンドラインとの間のチャネルをローソク足が推移していくチャートパターンです。

緩やかに下落するフラッグの上側のトレンドラインをブレイクして上昇、もしくは緩やかに上昇するフラッグの下側のトレンドラインをブレイクして下落するパターンが多く見られます。

フラッグもペナントと同様にラインをブレイクしたところを順張りでエントリーするのがセオリーです。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ