ピボットの使い方

ピボットは、前日の高値、安値、終値を基にして、その日の重要なポイントとなる価格水準を導き出すテクニカル指標です。

デイトレーダー向けのテクニカル指標で、順張りと逆張りの両方に利用できます。誰でも簡単に利用でき、非常に分かりやすいテクニカル指標ですので、ぜひ使い方を覚えておきましょう。

ピボットはその日の節目になる

ピボットでは、前日の高値(H)、安値(L)、終値(C)を基準にしてその日のサポートとなるレート、レジスタンスとなるレートを算出します。各ポイントとその算出式は以下のようになります。

  • R2=P+(H-L)
  • R1=P+(P-L)
  • P=(H+L+C)÷3
  • S1=P-(H-P)
  • S2=P-(H-L)

Pはピボットの略で、その日の基準となる価格、R1とR2はレジスタンスのことで、その日の抵抗線の役割を果たす価格、S1とS2はサポートのことで、その日の支持線の役割を果たす価格を示しています。

R1は1つ目のレジスタンス、R2は2つ目のレジスタンス、S1は1つ目のサポート、S2は2つ目のサポートと考えてください。

ピボットの使い方

ピボットを用いたトレード法としては、R1、R2、S1、S2を用いた逆張りと順張りが挙げられます。RはレジスタンスでSはサポートとして機能しますので、レジスタンスラインやサポートラインを用いたトレード法のように、それぞれのポイントで逆張りや順張りを仕掛けることができます。

例えば、R1で反発下落すると見て逆張りの売りを入れる。もし、そこをブレイクするようであれば、R1の少し上のポイントで順張りの買いを入れるといったトレードが考えられます。次のレジスタンスとなるR2は、R1をブレイクして順張りのエントリーをしていれば、利確の目安になりますし、もちろん逆張りエントリーのポイントにもなります。S1とS2を用いる際も同様のトレードができるはずです。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ