トレール注文(トレーリングストップ)とは

トレール注文は、逆指値注文を利用して損切りのポイントをずらしていく注文方法で、トレーリングストップとも呼ばれます。

トレーリングストップでは、ポジションを保有中に投資家の有利な方向へ値が動いた場合、確実に利益を得られるように、損切りの水準も同じ方向へ動かします。

例えば、米ドル/円をトレードしている場合に、80円で買いのエントリーをし、同時に79.50円に損切りの逆指値注文を入れている場合を考えてみましょう。その後、狙い通りに値が動き81円まで到達したとします。この時点で既に含み益は出ているのですが、この時に多くの投資家が考えるのが、もっと利益を追いかけたいけど、損切りにかかってマイナスを出したくないということでしょう。
そのような場合に有効な方法がトレーリングストップです。この例で言えば、当初は79.50円に損切り注文がある訳ですが、81円まで値が動いた時点で、これを80.50円まで動かしたとしたら、仮に損切りにかかったとしても50銭分の利益は得られます。

このように、損はしたくないけどもっと利益を狙いたいという場合に利用するのが、トレーリングストップということになります。

FX会社によっては、トレール注文が可能な会社もあり、そのような場合は、値幅を設定してやれば自動的に損切りのポイントを動かしてくれます。トレール注文ができないFX会社については、値が動いた際に自分で損切りポイントを動かしてやればいいだけです。

トレーリングストップを用いたトレードをしていると、損切りポイントを動かしたために、損切りにかかってしまい、大きな利益を逃してしまったというケースも当然出てくるでしょう。トレールの値幅というものはその時その時の状況を見て設定すべきで、一概に○○pipsが良いとか○○%移動させた方が良いといったことは言えません。
ここがトレーリングストップの難しいところなのですが、確実に利益を狙っていくという点から考えれば、トレーリングストップというのは非常に有効な手法ですので、手堅く利益を得たい場合に利用すると良いでしょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ