FXはゼロサムゲーム

FXは、よくゼロサムゲームだと言われます。

ゼロサムゲームとは、ゲーム理論の用語で参加者全員の得点と失点の総和がゼロになるようなゲームのことを言います。ちなみにゲーム理論とは、経済学における理論の一種です。

ゼロサムゲームの例としてよく挙げられるものにギャンブルがあります。賭け事をイメージすると理解しやすいかと思いますが、賭け事は、賭けに負けた人の掛け金が、賭けに勝った人の利益となります。つまり、賭けに負けた人の損失額と勝った人の利益の額は同じです。サム(和)はゼロになっていますね。だからゼロサムゲームと言います。

FXはゼロサム

それでは、FXの場合を考えてみましょう。

為替取引は、簡単に言えば、2種類の為替の交換です。為替レートが変わったとところで、そこに新たに価値が生まれたわけではありません。米ドルと円の取引の場合、ドルが高くなれば円は安くなり、ドルが安くなれば円は高くなります。どちらかが高くなれば、一方が安くなるという相関的な関係を持っています。

そのため、FXはゼロサムゲームとなります。

株は非ゼロサム

それでは、株式投資の場合はどうでしょうか。FXとは異なり、株はゼロサムゲームではない、非ゼロサムゲームと言われます。

株を買いたいという人が増えれば、株価は上がり、株を売りたいという人が増えれば、株価は下がります。株価の上昇局面では、株式市場全体の価値が大きくなり、株価の下落局面では株式市場全体の価値が小さくなります。

株式市場が盛り上がっていれば、市場参加者全員が得をし、株式市場に元気がなければ、市場参加者全員が損をします。このように市場全体の価値の大きさが変動するため、株式投資はゼロサムゲームには当てはまらないのです。為替取引では、このようなことはありません。これがFXと株の違いです。

FXで利益を上げるには誰かを打ち負かす必要がある

これまで見てきたように、FXはゼロサムゲームです。

ゼロサムゲームということは、得をする人もいれば、損をする人もいます。負けた人の損失が勝った人の利益となっています。FXでは、株式市場のように市場参加者全員が儲かるといったことはありません。誰かが儲かっていれば、誰かが損をしているのです。

ということは、FXで利益を上げるためには、他の市場参加者を打ち負かす必要があります。マーケットには、我々のような個人投資家もいれば、ヘッジファンドのようなプロのディーラーもいます。もちろん、個人投資家の中にもプロクラスの実力を持った投資家もいれば、FXを始めたばかりの初心者の方もいます。

どのレベルの実力を持った投資家も同じ土俵の上で戦わなければならないのが為替市場です。当然ハンディキャップのようなものもありません。厳しいことを言えば、FXの世界では、誰かを蹴落とさなければ勝てないのです。

FXは、簡単に始めることができますが、簡単に利益が上げられるような甘い世界ではありません。マーケットに参加するのであれば、それなりの覚悟が必要ですし、そこで勝ち残るためには十分な努力が必要だということです。

簡単にゼロサムゲームと言われてもイメージが湧かないかもしれませんが、よくよく考えてみると、ゼロサムゲームがどれだけ厳しいものか理解できると思います。「負けた人の損失が勝った人の利益になる」このことを頭に入れておくと、トレードに臨む姿勢や意識も変わってくるのではないでしょうか。初心者の方は特に、この事実を頭に入れておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ