DMIの使い方

DMIはオシレーター系のテクニカル指標で、方向性指数とも呼ばれます。DMIは相場が上昇トレンドなのか下落トレンドなのか、また、どの程度の勢いを持ったトレンドなのかということを判断することができますので、順張りのトレードにピッタリのテクニカル指標と言えます。

DMIは3本の線から構成される

DMIは以下のチャートのように「+DI」、「-DI」、「ADX」という3本の線からなり、その見方は少々複雑です。チャートの赤い線が+DI、青い線が-DI、緑の線がADXです。

DMI

それぞれの線は以下のような意味を持ちます。

  • +DI…上昇トレンドを表す
  • -DI…下落トレンドを表す
  • ADX…トレンドの勢いを表す

上のチャートを見ると分かりますが、チャートの左側の下落トレンドの時には-DIが上昇し、チャートの中央や右側で相場が上昇した時には+DIが上昇しています。そして、上昇もしくは下落の勢いが強い時には、ADXが上昇しています。チャート左側の下落トレンドの部分ではADXの上昇が顕著に見られます。

トレンドとDMIの関係は以下のようになります。

  • 上昇トレンド…+DIが上昇し-DIが下落
  • 下落トレンド…-DIが上昇し+DIが下落

+DIとーDIはトレンドの方向を表しますので、この2本の線は逆の動きを見せますが、ADXはトレンドの方向とは無関係にトレンドの勢いを表しますので、+DIとーDIの2本の線とは独立した動きを見せます。トレンドが強いほどADXは上昇し、トレンドが弱ければADXは低い水準に落ち着いていることになります。

+DIとーDIのクロスは売買シグナルとなる

DMIを使ったトレード法として最も分かりやすいのは、+DIとーDIの2本に注目した方法です。

+DIがーDIを下から上に突き抜けた場合、つまりゴールデンクロスが完成した場合は、上昇トレンドへの転換と読み取れますから、買いのサインとなります。逆に、+DIがーDIを上から下に突き抜けた場合、つまりデッドクロスが完成した場合ですが、このような場合は売りのサインとなります。

移動平均線やストキャスティクスのゴールデンクロス、デッドクロスと同様の意味を持つということですね。

ADXの下落は利確のサイン

ADXの上昇はトレンドの発生を示し、下落はトレンドの終了を示します。ということは、上手くトレンドに乗ってポジションを持てた場合にADXが下落してくれば、それはポジションをクローズする利確のタイミングということになります。

このように、DMIの3本の線を利用すれば、+DIとーDIのクロスでエントリーし、ADXの下落で利確というトレードができます。

3本の線が広がった時に相場が動く

相場にトレンドが発生しておらず落ち着いている時には、3本の線が低い水準に集まっているはずです。そして、トレンドが発生し相場が動き出す時には、+DIか-DIのどちらかとADXが上昇します。3本の線が大きく広がるような状況になるということです。

ボリンジャーバンドにも言えることですが、DMIの収束は相場が動き出す前兆と捉えて、DMIが広がる瞬間=トレンドの発生を待ち構えておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ