MACDの使い方

MACDは、移動平均線を利用したテクニカル指標で、その使い方も移動平均線と似ています。売買シグナルも分かりやすいので、FX初心者の方でも使いやすいテクニカル指標です。オシレーター系のテクニカル指標ですが、トレンド発生時に効果を発揮します。

MACDとシグナルの2本で形成される

MACDに使われている移動平均線は、SMA(単純移動平均線)ではなく、EMA(指数移動平均線)です。EMAはSMAに比べ、トレンドの変化を敏感にとらえることができますので、MACDもEMA同様、トレンドに敏感に反応する特徴を持っています。

MACDは、MACDとシグナルという2本の線で形成されます。

MACD

上のチャートでは、青い線がMACD、赤い線がシグナルです。
そして、点線で表している「0」のラインより上のプラスの領域は高値圏、マイナスの領域は安値圏となります。

売買シグナルは2本のラインのクロス

MACDをトレードに用いる際には、2本のラインのクロスに注目しましょう。

MACDがシグナルを下から上に突き抜けゴールデンクロスが完成したら買い、MACDがシグナルを上から下に突き抜けデッドクロスが完成したら売りです。つまり移動平均線の売買のサインと同じですね。

上のチャートでも、ゴールデンクロスが発生したところで上昇し、デッドクロスが発生したところで下落しているのが分かると思います。

クロスが発生する位置とラインの角度も重要

MACDはゴールデンクロスとデッドクロスで売買をするのが基本ですが、他のテクニカル指標同様、だましも発生します。ここで注意しておきたいのが、MACDとシグナルのクロスが発生した位置とラインの傾きです。

クロスはゼロより上か下か

ゴールデンクロスとデッドクロスが発生した時にまず注目しなければならないのが、そのクロスが発生した位置です。前述したようにMACDの「0」より上の領域は高値圏で、下の領域は安値圏となります。

高値圏でデッドクロスが発生した場合は、上昇トレンドが終了し下落トレンドへの転換の可能性が考えられますので、安値圏でデッドクロスが発生した場合よりもそのサインは強力なものとなります。高値圏でのデッドクロスの方が精度が高いということですね。同様に、安値圏で発生したゴールデンクロスは、高値圏で発生するゴールデンクロスよりも信頼できるものとなります。

MACDを用いた売買サインの基本は、以下のように考えておきましょう。

  • 買い…「0」より下でMACDがシグナルをゴールデンクロス
  • 売り…「0」より上でMACDがシグナルをデッドクロス

急な角度のクロスの方が高精度

もうひとつ注意しておきたいのが、MACDとシグナルがクロスした際の2本のラインの傾きです。

移動平均線をチェックする際には、その傾きでトレンドの強さを判断します。MACDもそれと同様で傾きが急なほどトレンドの勢いが強いと判断できます。トレンドが発生していないレンジ相場の場合には、MACDの2本のラインの傾きが緩やかで、この状況でラインがクロスしても、だましばかりでトレードになりません。だましを避けるためには、必ず2本のラインの傾きに目をやりましょう。

傾きが急であればあるほど、そのサインの精度は高いと覚えてください。

移動平均線と同様レンジは苦手

MACDも移動平均線と同様に、レンジ相場では2本のラインが絡み合ってしまいますので、MACD本来の力を発揮することができません。MACDはトレンドの発生やトレンド転換をとらえる際に効果的で、レンジ相場は苦手だということを頭に入れておきましょう。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ