レパトリエーションとは

レパトリエーション(リパトリエーション)はレパトリ(リパトリ)とも呼ばれ、資金の引き揚げを意味します。

投資家の中には、自国の金融商品だけでなく、海外の金融商品に投資している投資家がたくさんいます。当然のことながら、FX投資家は通貨を取引していますので、海外の通貨に投資をしていることになります。このような投資家は、自国の資産だけでなく、海外の資産も保有しているわけですが、この海外の資産、海外に投資している資金を本国に引き揚げることをレパトリエーションと言います。

例えば、米ドル/円のロングポジションを保有している場合、円を売ってドルを買っているのですから、米ドルと言う海外資産を保有していることになります。そして、このポジションを決済すれば、ドルを売って円を買い戻すことになり、海外に投資している資金を自国に引き揚げることになります。これがレパトリエーションの仕組みです。海外資産が、通貨でも海外株式でも海外債券でも同じことです。

レパトリエーションの原因

レパトリエーションは、自国の資産が必要になったときや、リスクを背負うことができなくなったときに起こります。

例えば、地政学的リスクが要因で資金が引き揚げられることがあります。ある国や地域に投資をしている場合に、その投資先の地域でテロが起これば、投資家は一斉にその資産を売り、レパトリエーションが起きます。

テロ等の地政学的リスクはレパトリエーションの原因のひとつですが、ファンダメンタルズ的要因で投資家がパニックに陥った時には、レパトリエーションが起きやすくなります。

レパトリエーションの影響

レパトリエーションが起きると、株式やコモディティ等、様々な資産が売られることになります。

株式市場では、株式を売って本国に資金を引き揚げるのですから、投資先の国や地域の株価が下落しますし、為替市場では、投資先の通貨は安くなり、自国の通貨が高くなります。米ドル/円を例にとって言えば、日本国内への資金の引き揚げが起きた場合、米ドルは売られ、円は買われます。つまり、米ドルは安くなり、円は高くなる円高ドル安につながることになります。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ