円高・円安と経済への影響

円の価値が上がることを円高、円の価値が下がることを円安と言います。

例えば、1ドル=100円が1ドル=90円になった場合、これは円高です。1ドルを手にするために100円必要だったものが、90円払うだけで1ドルと交換できるようになっているのですから、円の価値は上がっています。ということは、これは円高ですね。

逆に、1ドル=100円が1ドル=110円になった場合は、円安です。この場合は、1ドルを100円と交換していたものが、110円必要になるのですから、10円余計に支払わなければならなくなっています。これは、円の価値が下がっているということですので、円安ということになります。

円高と円安の影響

円高・円安は当然、通貨の交換が必要な時に生じます。外国との貿易を行う際には、必ず為替取引が必要になりますので、輸出や輸入をする際に為替レートというのは非常に大きな影響を及ぼします。

円高の影響

円高になると、円の価値が上がっていますので、輸出先の国からすれば、円と交換するためには、それだけ多くの自国の通貨を準備する必要があります。つまり、海外で販売している日本の輸出品の価格が上がるということです。

例えば、日本が100円の商品を輸出している場合、1ドル=100円であれば、その商品は1ドルで買うことができます。しかし、1ドル=50円になると、同じ商品を買うのに2ドル必要になります。円高になったことで、この輸出品の価格は1ドルから2ドルへと明らかに上がっています。

円高になると、輸出品の価格が上がるのですから、輸出品は売れにくくなります。つまり、円高は、輸出にとって不利ということです。逆に輸入品の価格は下がりますので、円高は輸入にとっては有利になります。

円安の影響

円安になると、円の価値が下がりますので、輸入品の価格が上がります。

100ドルの商品を輸入している場合、1ドル=100円のときは10,000円(100ドル×100円=10,000円)が必要になります。これが1ドル=200円へと円安が進んだ場合、この商品を買うのに20,000円(100ドル×200円=20,000円)が必要になります。

円安が進むことで、この輸入品の価格は10,000円から20,000円へと上がっています。円安は、輸入にとって不利ということになります。これとは逆に、円安は輸出品の価格が下がりますので、輸出にとっては有利ということになります。

円高と円安の影響のまとめ

円高・円安と輸出・輸入の関係をまとめると以下のようになります。

  • 円高…輸出に不利で輸入に有利
  • 円安…輸出に有利で輸入に不利

為替レートは、このように経済に大きな影響を及ぼします。為替レートが変われば、輸出や輸入を行っている企業の収益も変わりますし、その国全体の景気にも大きな影響を与えます。そのため、経済において為替レートは非常に重要なファクターとなるのです。

初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ