短期トレードにおすすめのFX口座

SBI FXトレード

SBI FXトレードは、業界最狭水準の低スプレッドを誇るFX会社です。米ドル/円のスプレッドは、わずか0.27pips!

スキャルピングやデイトレードといった短期トレードの場合は、スプレッドの低さが勝負の鍵になります。スプレッドが低いFX会社を使うことで、これまで負けていたトレードでも勝てるようになることがあるんです!取引回数を重ねるスタイルでトレードしている方は、スプレッドの低いFX会社を使って、可能な限りコストを削りましょう。


SBI FXトレードのおすすめポイント

  • 業界最狭水準の超低スプレッド
  • 本格的なチャートシステム
  • 1ドルからでも取引可能

業界最狭水準の超低スプレッド

SBI FXトレードを使うことの最大のメリットは、何と言ってもスプレッドの低さ。米ドル/円のスプレッドは、10,000通貨までの取引でたったの0.27pipsです。FX会社は数多くありますが、その中でもSBI FXトレードのスプレッドはダントツに低いです。

ただし、1度に10,000通貨を超える取引では、スプレッドが高く設定されていますので、注意が必要です。トレード1回あたりの取引通貨量が多い場合は、DMM FXの方が低いスプレッドで取引できるはずです。10,000通貨以上のトレードをメインにしているという方は、DMM FXの口座開設をおすすめします。

本格的なチャートシステム

SBI FXトレードでは、本格的なチャートシステムが利用できます。FXでは、チャートを用いたテクニカル分析が非常に重要です。SBI FXトレードのチャートシステムは、移動平均線等の超基本的なテクニカルはもちろん、ADXといったちょっとマニアックなものまで利用できますので、テクニカル分析を重視する方にも納得できるものとなっているはずです。

また、初心者でも使いやすいですし、トレール注文も利用できますので、多くのトレーダーの要望に応えてくれる取引システムになっています。

1ドルからでも取引可能

FXの取引は、10,000通貨単位が一般的です。1,000通貨単位の取引に対応しているFX会社も少なくありませんが、SBI FXトレードは、他のFX会社にはない1通貨単位での取引に対応しています。

投資資金が少ないという方や、これまでにFXをしたことがないというようなFX初心者の方の入門用の口座としてもおすすめです。

口座開設はこちらから! → SBI FXトレード


初心者におすすめのFX口座

FXで勝つためには、勝てるFX会社でトレードをすることが大切です。以下の3つのFX会社は、どれも扱いやすく、FX初心者にもピッタリのものとなっています。どの口座を開設しようか迷っているというような方は、この3つから選んでみると良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ